UDIC 株式会社ユーディック MAGICシステム制作とPCAシステムサポート
| ごあいさつ | 会社概要 | SoftWare受託制作 | 運用支援コールセンター | システム保守サービス | HOME |
システム保守サービス
私達は、パソコンではなく 仕事 を守ります。
 パソコンなど、今時どこにでも安い価格で売っています。しかし、だからと言って
今まさにトラブルによって滞った仕事が救われるでしょうか?もちろん基幹業務
においては、「待った無し!」の状況であるはずです。
私達は、保守サービスを請け負った以上、出来る限り迅速に仕事を復旧させる
為、あらゆる手段を講じてまいりました。
その1 ハードもソフトも関係ない!
トラブルの原因がおよそ何であれ、ユーザーにとっては、今この
仕事が出来ない事が最大の問題なのです。たとえ誰(どこの会社)
の責任であろうが、誰かに早く何とかして欲しいのです。
私達は通常、ユーザーにとって意味のない、業者同士の責任分割
はいたしません。仮にそれがどこから購入されたものであろうが、
出来る限り早く、仕事を続けられる環境を構築するのが、私達の
保守です。
その2 すぐに対処できなければ代替機を!
「部品を取り寄せなければならない」
「メーカーに出さないと直らない」
「再インストールからやり直すので時間がかかる」
・・・それはすべてその通りなのですが、それではユーザーは
仕事になりません。
私達は、その仕事の逼迫状況に応じて、「時間がない!」と判断
した時には、代替設備を貸し出してでも仕事を復旧します。たとえ
それが古くて劣る設備でも、仕事が出来ないよりは余程マシと
考えているからです。
その3 遠隔リモート回線はユーザーの命綱!
コールセンターの電話だけで事が済めば、それに越した事は
ありません。現在のパソコンは、操作の選択肢が多過ぎる上、
ユーザーが意図しない操作が、あまりにも簡単に行われて
しまいます。一方、現在の状況をシステム的論理的に説明し、
コールセンターの指示を正しく操作できる実力がある人は、
そんなに多くないのが実情です。
私達のコールセンターは、契約時にユーザーとの間にリモート
メンテナンス回線を構築しています。電話回線を使ってユーザー
のパソコンを遠隔操作し、私達が現場へ駆けつけるのとほぼ
同様の処置を即座に施しています。
上へ
ごあいさつ 会社概要 SoftWare受託制作 運用支援コールセンター システム保守サービス HOME